バンドメンバーが M-factoryとSKYSONICのコラボで製作されたPM-50(ギター用プリアンプ)を購入しました。

sPM-50バンドメンバーからのメッセージです。

皆さんこんにちは。

若松沙奈枝&楽屋でギターを担当しています「Hiro@」です。

今日はアコギサウンドの大好きな方々に私が最近手に入れた機材を紹介したいと思います。

3分割写真の左全体写真は私のライヴ用機材ですが、その真中下あたりにあるグレーっぽい小さな箱がそれです。(真ん中と右写真が拡大写真)

M-factoryとSKYSONICのコラボで製作されたPM-50と言う型式の

プリアンプで完全ハンドメイドのものです。

通常、ピックアップ装着のアコギをDIやアコギ用ギターアンプに直接繋いで

使用されている方も多いですが

プリアンプの重要性がこのPM-50を使用することで理解出来ると思います。

2CH仕様でTIP・RINGとそれぞれのGAIN調整、総合ボリュームとシンプルな

仕様でピエゾ・マグ等パッシブ/アクティブ問わず使用出来、操作も直感的に素早く出来ます。

私のギターにはSKYSONICのT-902(マグ・マイク/モノラル)を装着していますが相性も凄く良いです。

私は過去、国内・国外製の色々なプリアンプを使って来ましたが、なかなか自分の満足出来るものに巡りあえませんでした。

しかし、ギターとこのPM-50を繋ぎ音を出したら今までのプリアンプとはまったく次元の違うアコースティックな響き、

きめ細やかな音質、アコギ本来の音で大満足することが出来ました。

もう手放すことが出来ません。

興味を持たれた方は是非手に入れて使ってみて下さい。

価格は少々高めですが、価格以上のサウンドできっと大満足されると思います。

Comments are closed.